サテライトサイトとリンク

SEO NAVI

301リダイレクトをSEO対策に活かすことが出来る

301リダイレクトをSEOに活かすことによってより検索エンジンから評価の高い掲載順位を貰うことができます。
301リダイレクトは、一般的にドメインの変更などがあったことによってサイトのURLを常に変更状態にしなくてはいけないようになったときに利用するものです。
ドメインを変更したときには301リダイレクトにしていないと検索エンジンから高い評価を貰うことができなくなってしまうため注意が必要です。
なぜこのような対策がSEOとして有効になるのかというと、基本的に検索エンジンというのはリンクが切れているサイトからの被リンクを非常に嫌う傾向にあります。
従来まで使っていたドメインを利用するとサイト上ではリンクが切れてしまっている状態が続くことになるため、SEOとしては必ず効果が下がることになります。
そのため、転送システムの側面も含んでいる301リダイレクトを利用することによって検索エンジンに正しい評価を与えることが出来るのです。

自作ホームページSEOではHTTPステータスコードに気を配る

自作ホームページSEOではHTTPステータスコードに気を配る SEOに取り組む方法の中でも自作ホームページを導入しているのなら、HTTPステータスコードによって処理内容を変化させるようにすると効果的です。
ホームページに訪問してくるユーザーの全てが適切にSEOコンテンツの内容を確認できるとは限らないので、あらゆるケースを想定しなければなりません。
SEOコンテンツにアクセスしたユーザーがHTTPステータスコードを画面上で確認すると、戸惑ってしまうことが多くあります。
HTTPステータスコードは一般的なネットユーザーには馴染みが薄いので、端末に何かが起こったのではないかと勘違いされてしまいやすくなります。
ですから、HTTPステータスコードによって適切なメッセージを表示するなどといった対策を講じる必要があります。
また、メッセージではなくHTTPステータスコードが発生した時点で、他のSEOにリダイレクトさせることも効果的です。
ユーザーだけではなく、自身の利益も追求することが大事です。

『301リダイレクト』 最新ツイート

@taira_daishiro

404ページを表示するのではなく、リンク更新を促すページ 久しぶりにブックマークからKWプランナーを開いたら、「URLが変わったので更新してください」とのページが。404 not foundにもせず、301で強制リダイレクトにも… https://t.co/bGA353Ivas

4時間前 - 2020年02月29日


@DefectivLife

301リダイレクトかけろっつってんのにmeta refreshで対応するのは本当にやめてほしい

17時間前 - 2020年02月28日


@InfPCTechStack

HTTP通信 ステータスコード 1xx:処理中 2xx:成功 3xx:リダイレクト 4xx:クライアントエラー 5xx:サーバーエラー 301:http→https 403:forbidden ヘッダ user-agent:… https://t.co/cNr10b3KAx

21時間前 - 2020年02月28日


ページトップへ

Copyright (C) 2015 SEO NAVI. All Rights Reserved.